宫泽理惠11岁时模特出道。她曾在周刊杂志《seventeen》担任封面模特,1987年因在三井不动产的广告中担任初代少女代言人引发了关注,第二年出演宝矿力水特的广告一下成为了顶级偶像。

歌舞伎俳優九代目松本幸四郎と藤間紀子の末っ子として生まれ芸能一家の中で育ち自身も芸能活動を始めます。1993年16歳の頃に歌舞伎座の『人情噺文七元結』で初舞台を踏み、翌年の1994年にNHK大河ドラマ『花の乱』でテレビドラマに初出演しました。

バツイチ子持ちの中年サラリーマン・信(浅野忠信)は、奈苗(田中麗奈)と再婚。彼女の二人の連れ子にも父親として誠心誠意を尽くし、ささやかな幸せを感じながら暮らしていた。二度目だからこそ新たな家庭を大事にしてきた信だったが、奈苗が妊娠したことをきっかけに長女が本当の父親に会いたいと言い出す。奈苗は前の夫・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信も奈苗も彼との面会に反対だった。しかし長女は嫌がり、父親としての信を否定しようとする。やるせない気持ちを抱えたまま、長女を前の父親に合わせることに。つい前妻(寺島しのぶ)に愚痴をこぼし、これから生まれてくる命を否定したくなるほど今の家庭を維持することに疲れる信だったが……。

这部影片是制作了《眼镜》的荻上直子导演时隔五年之后送上的人性故事。被母亲放置一边的11岁友子来到舅舅牧男的住处,遇到了患有性同一性障碍的伦子。友子对这位比母亲更爱自己的伦子的存在一边抱有疑惑,一边开始了三人的奇妙同居生活。演员方面,有《秘密 THE TOP SECRET》中的生田斗真、《血光光五人帮传说》中的桐谷健太、以该片电影出道的柿原凛香、《卡农》中的MIMURA、《人生的约定》中的小池荣子,以及《二重生活》中的门胁麦。

大林宣彦担任导演,根据檀一雄同名小说改编的电影。该电影是继《天空之花:长冈花火物语》、《原野四十九日》之后,“战争三部曲”的最终章。以1941年的佐贺县唐津市为舞台,用压迫感十足的风格描绘了一群生活在战争之中的年轻人们如火一般的荒诞青春群像故事。演员有《原野四十九日》中的窪塚俊介、《第三次的杀人》中的满岛真之介、《昔日的我》中的长冢圭史、《她的人生并没有错》中的柄本时生、《爱的隧道》中的矢作穂香、《Cheer☆Dance 女高中生用啦啦队舞蹈征服全美的真实故事》中的山崎紘菜、《今天开始世界属于你》中的门胁麦、《谁的木琴》中的常盘贵子等。编剧由大林宣彦和创作了《HOUSE》、《二人》的桂千穗担任。《原野四十九日》的原版制作人也倾情参与制作,音乐由山下康介负责、摄影、编辑由三本木九城负责、美术有竹内公一负责、录音则由内田诚负责。影片在2017年12月7日于唐津市提前上映。

沖縄県那覇市出身、1994年生まれ。ソニー・ミュージックアーティスツに所属し慶応義塾大学に在学中の若手女優です。

该片是由执导《岸边之旅》的黑泽清根据剧团イキウメ的同名舞台剧改编的电影。鸣海的丈夫在失踪数日后,被侵略者附身归来。同时,镇子上发生灭门惨案,记者樱井就此开始采访取材。演员有《追忆》中的长泽雅美、《我的叔叔》中的松田龙平、《新·哥斯拉》中的长谷川博己、《P与JK》中的高杉真宙,以及《春&夏事件簿》中的恒松祐里。

1941年春。和叔母(常盘贵子 饰演)一起生活在佐贺县唐津的17岁少年榊山俊彦(窪塚俊介 饰演)在新学期,和如阿波罗神一般健硕的美少年鹈饲(满岛真之介 饰演)、虚无僧一样的吉良(长冢圭史 饰演)、自以为是的阿苏(柄本时生)几位同学一起,过着“试探着勇气的冒险般”的日子。另一边,他对犯有肺病的表妹美那(矢作穂香 饰演)抱有爱恋之心,和あきね(山崎紘菜 饰演)、千岁(门胁麦 饰演)几位女性朋友们讴歌着“不良”的青春。然而,想要活出真正自己的他们那纯粹而自由的荒诞日常,却在不知不觉中被战争吞噬殆尽......。

「PとJK」の廣木隆一監督が、震災から5年後の故郷・福島を舞台にした自身の処女小説を映画化。仮設住宅で父と暮らすみゆきは、市役所勤務の傍ら、週末になると高速バスで上京し渋谷でデリヘルのアルバイトをしていた。行き場のない彼女が見た光とは……。みゆき役の「日本で一番悪い奴ら」の瀧内公美ほか、廣木監督の「軽蔑」に主演した高良健吾、名バイプレイヤーの光石研らが、行き詰まった思いを抱えもがく人々を演じる。

1994年主演了电视剧《无家可归的小孩》,因展现了与12岁年龄不符的极具冲击力的演技而一举成名。《无家可归的小孩》创造了最高收视率37.2%的高收视记录,还引发了社会现象,例如安达佑实饰演的主人公的台词“同情我的话就给我钱”就入选了流行语大赏。

憧れる女性芸能人としても長年評価が高く、常に一線で活躍をしています。憑依型の女優という声もあり、役自体が乗り移っているのではないかと思わせるほどの迫真の演技で、主役ではなくともその存在感がひときわ輝いていると演技力に関して大絶賛されていて、名実共に演技派と呼べる女優です。

安藤サクラの演技力の高さは群を抜いており、他の女優には無い個性的な演技と強い存在感、そしてストイックな役者魂が、観る者の心を魅了するのでしょう。

常に全身全霊で芝居に向き合い、本能で芝居をする寺島しのぶの演技は、「リアル過ぎるくらいリアルにやることが自分の使命だ」というポリシーを語るほどリアリティーを追求し、演技しているとは感じさせず会話や表情がとても自然で、黙っていても表情ひとつで伝えたいことが伝えられる、正真正銘の日本が誇る演技派女優です。

最果タヒの同名詩集を原作に「舟を編む」の石井裕也監督が映画化。看護師をしつつ夜はガールズバーで働き、不安や孤独を抱えながら日々を過ごす美香と、建設現場で日雇いの仕事をしながらひたむきに生きる青年・慎二。そんな二人が夜の都会で、偶然に出会う。出演は、新人の石橋静河、「セトウツミ」の池松壮亮、「少女」の佐藤玲、「淵に立つ」の三浦貴大、「シン・ゴジラ」の市川実日子、「ぼくのおじさん」の松田龍平、「映画 ビリギャル」の田中哲司。

拍摄了《日本最坏的家伙们》的白石和弥导演将这部讲述了男女爱憎的悬疑小说拍成了电影。一边嫌弃着比自己大15岁的阵治一边用他的钱堕落度日的十和子,念念不忘旧爱黑崎,还沉溺于与黑崎有些相似的水岛的情爱之中,这时,黑崎失踪了。十和子开始怀疑对自己异常执着的阵治。这位任性的十和子由《跨越栅栏》中的苍井优饰演,执着于十和子的卑鄙男阵治由《殿下,给您利息!》中的阿部隆史饰演,沉迷于和十和子的不伦关系的水岛由《奇迹-那天如此重要-》中的松坂桃李饰演,而利用十和子的前男友黑崎则由《人生的约定》中的竹野内丰饰演。

11歳の小学生・トモ(柿原りんか)は、母親のヒロミ(ミムラ)と二人暮らし。だがある日突然ヒロミが家出、独りきりになってしまったトモは叔父のマキオ(桐谷健太)の家に向かう。母の家出は初めてではなく、過去にも同じ経験をしていたトモだったが、以前と違うのは、今回マキオはリンコ(生田斗真)という美しい恋人と一緒に暮らしていたことだった。リンコは元男性で、女性への性別適合手術を受けたトランスジェンダー。そんなリンコの美味しい手料理に安らぎを感じ、団らんのひとときを過ごすトモ。母は決して与えてくれなかった家庭の温もりや、母よりも自分に愛情を注いでくれるリンコの存在に戸惑いながらも、三人での奇妙な共同生活が始まった……。

尾野真千子那能将观众带入作品的世界观中的、让观众融入自身感情的、不夸张又真实自然的演技广受业内外好评。因为位居人下吃过很多苦,她也很会照顾现场的气氛,这也是为什么这位优秀的女演员会有源源不断的片约的魅力所在吧。

安藤樱演技卓群,她那其他女演员没有的、充满个性的演技和强大的存在感,加上她克己的演员精神,能轻易地俘获观众的心吧。

男女の愛憎渦巻くミステリー小説を「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌のメガホンで映画化。15歳上の陣治を毛嫌いしながら彼の収入に頼る十和子。元恋人・黒崎を引きずり、彼の面影のある水島との情事に耽る中、黒崎が失踪。彼女は異様に執着する陣治を疑う。自分勝手な十和子を「オーバー・フェンス」の蒼井優が、十和子に執着する下劣な男・陣治を「殿、利息でござる!」の阿部サダヲが、十和子との不倫を楽しむ水島を「キセキ -あの日のソビト-」の松坂桃李が、十和子を利用した元恋人・黒崎を「人生の約束」の竹野内豊が演じる。

映画『フラガール』では演技やフラやタヒチアンなどのパフォーマンスが高く評価され、第30回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、第49回ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ2006年度は数多くの映画賞を総なめにし、若手実力派女優の地位を築きました。

《如父如子》的是枝裕和导演再次联手福山雅治上演了一出法庭心理剧。律师重盛为有杀人前科的三隅辩护。三隅因杀害工厂长并火烧尸体而被起诉。然而随着调查的深入,意想不,到的事实浮出水面。演员方面有《关之原》中的役所广司、《花牌情缘》系列中的广濑铃、《格斗家刀牙》中的齐藤由贵、《不干了,我开除了黑心公司》中的吉田钢太郎、《风俗店之行改变了我的人生》中的满岛真之介、《永远的托词》中的松冈依都美、《夜空总有最大密度的蓝色》中的市川实日子、以及《家族之苦》中的桥爪功。

翻訳問題に遭遇した外国映画は「アベンジャーズ2」が初めてではない。2014年に上映となった「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」はネットで少なくとも40カ所の間違いを指摘された。意味上の間違いだけでなく、翻訳のスタイルが場違いなのも非難を受ける。2012年に上映された「メン・イン・ブラック3」の字幕には、「地溝油」(下水油、廃食用油のこと)や「坑爹」(はめられた)、「穿越劇」(タイムスリップドラマ)など最近の国内の流行語が散りばめられ、「外国人の口に中国の流行語を押しこむとは」と呆れられた。

追求不败的律师重盛(福山雅治 饰演)不得已成为30年前有过杀人前科的三隅(役所广司 饰演)的律师。因杀死解雇自己的工厂长并火烧尸体而被起诉的三隅对自己的罪行供认不讳,这样下去一定会被判死刑。重盛为了让三隅免于死刑改为无期而展开调查。但其间三隅多次改变证词,以及缺乏动机这一点让重盛感到很是违和。最终,重盛以三隅和被害者女儿咲江(广濑铃)的关联点进行调查,与之前完全不同的事实渐渐浮出水面。

松隆子出生在演艺世家,作为歌舞伎演员第九代松本幸四郎和藤间纪子的小女儿,她早早地就开始了演艺活动。1993年16岁的松隆子第一次登上舞台出演了歌舞伎剧《人情噺文七元结》,第二年首次出演了NHK大河剧《花之乱》。

「メン・イン・ブラック3」の字幕翻訳を務めた八一制作所の若手翻訳家、賈秀琰さんは、翻訳時間に余裕が無いのとネット環境の発展で、外国映画の翻訳に速度と適切さを求めるのはますます難しくなっていると語る。「ハリウッド映画は上映前の修正や調整などがよくあり、翻訳に当てられる時間は限られていて、7、8日しかない。それに映画の吹き替え版には吹き替え作業もある。中国語と英語の文法や順序の違いもあるし、セリフと俳優の口の形が合っている必要もある。翻訳した字幕はこうしたことを考慮して調整される」

在苍井优纯粹朴素又自然的“森女”形象下,隐藏着许多有关她拥有十分克己又强劲的女演员精神的小故事。无论是演主角还是配角她都毫不松懈,一个眼神就仿佛变了一个人的天才演技十分卓越。据说苍井优不会在家里练台词。她会在记住台词的基础上现场发挥,观察演技如何扩展,展现出角色是怎样的人物、完成其核心的话就能让一个角色成立起来。苍井优是一位看透本质、观察力出众,能将这些能力作为演技的输出力的、优秀的天才型女演员。

中学三年级的时候,尾野真千子在当地的中学里被电影导演河濑直美相中,1997年主演《萌之朱雀》出道。通过这部作品她获得了第10届新加坡国际电影节女主角奖和第12届高崎电影节最佳新人女演员奖。2002年,她高中毕业去了东京,正式开始了以电影为主的女演员之路。2007年她主演了在老家奈良县拍摄的电影《殡之森》,时隔十年再次与河濑直美导演合作,获得了第60届戛纳国际电影节最优秀奖。之后每年都获得很多奖项。尾野真千子在2011年主演了NHK连续剧《康乃馨》,饰演三姐妹的母亲,该角色以时装设计师小筱绫子为原型,通过该剧尾野提升了知名度。尾野自身率真的性格和角色性格完美契合,她的演技更是充满魅力,她在这部剧中的表现后来被称为“晨间剧史上最棒的演技”。

舞台経験の長さからか、映像作品においてやや演技がオーバーな面もあるようですが、演劇という基礎がしっかりと出来ている実力派女優。まだまだ進化を遂げていくに違いない高畑充希から目が離せませんね。

「サウダーヂ」の富田克也監督による、タイ人娼婦と日本人の逃避行を歴史を捉えながら追うロードムービー。バンコクの歓楽街で働き家族を支える娼婦のラックは、元恋人オザワと5年ぶりに再会。二人は失われた楽園を探すようにラックの故郷やラオスに向かう。タイ東北部のイサーン地方の伝統音楽を交え、ベトナム戦争の傷跡やタイの抵抗の歴史、二人の道行き、さらに欲望渦巻く歓楽街の群像劇を重層的に描く。第69回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門に出品され、若手審査員・最優秀作品賞を獲得した。

俳優・奥田瑛二を父に持ち、母親はエッセイストの安藤和津、姉は映画監督の安藤桃子。夫は俳優の柄本佑で、その両親も俳優・柄本明に女優・角替和枝という生粋の芸能一家。

传说,有一次她要在舞台上演绎半边脸烂掉的场景,她的演技真实得让人以为她真的半边脸烂掉了。大竹忍就是这样一个沉浸在角色里、让人分不清演技和现实的女演员。可以说没有人演技能与她匹敌,也可以称她为“附身型”女演员。

尾野真千子の誇張がなく嘘っぽくない自然な演技が、観る者を作品の世界観にしっかりと引きこみ、感情移入出来ると視聴者も業界関係者も大絶賛です。下積み時代が長く、苦労した面も多いようで現場では雰囲気を良くしたり気遣いの出来る素晴らしい女優という面でも評判がよくオファーが絶えないのも魅力のひとつ。レベルの高い演技力と美貌を兼ね備えた実力派女優ですね。

また、7年ぶりに主演を演じた映画『紙の月』では第38回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、2016年公開映画『湯を沸かすほどの熱い愛』で第40回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞と通算3度目となる主演女優賞を獲得する他、東京国際映画祭最優秀主演女優賞など非常に多くの受賞歴のあり、銀幕の女王とも思わせる存在感が際立っているという声も。

1961年加入文学座附属戏剧研究所,以悠木千帆为艺名开始了演艺活动。1964年,作为常规角色出演森繁久弥主演的电视剧《七人之孙》从而人气大增。1966年从文学座退团之后作为个性派女演员出演了多部电视剧、电影和舞台剧。

小学生の頃から地元のモデル事務所に所属していて、CMやスチール広告など多数出演をしており、1999年にミュージカル『アニー』のポリー役に1万人の中から選ばれ女優デビューをしました。2001年に岩井俊二監督の『リリイ・シュシュのすべて』で映画初出演、2002年には三井のリハウスの10代目リハウスガールに選ばれて注目をされます。その後、連続ドラマのレギュラー出演や1年に何本のもの映画出演作が公開されたり、声優に初挑戦したり映画で単独初主演を果たしたりと活躍の場をどんどん広げました。

但是之后因为媒体,其私生活受到打击,她也一时停止了演艺活动。重启演艺活动时,她出演了电影《黄昏清兵卫》,演技得到一致好评,获得了日本奥斯卡金像奖最佳女主角奖。

她的表情很丰富,从她本身就具备的自然清新的少女感,到男女通杀的性感爆棚的妖艳角色,甚至连变态杀人狂和出格的恶女角色,她作为一个年纪轻轻的女演员却能将这些角色毫无违和感地演绎出来,也因此得到了戏路广的高度评价。

史上最年少でNHK紅白歌合戦の司会に抜擢されたり、歌手デビューをしたりと幅広い活躍をみせる松たか子。2014年にはディズニー映画『アナと雪の女王』で声優として雪の女王エルサ役を演じ、作品の劇中歌(日本語吹き替え版)『レット・イット・ゴー』はフル配信100万ダウンロードを達成し、社会現象を巻き起こしました。

直木賞作家・重松清が1996年に発表した同名小説を、「少女」の三島有紀子監督のもと映画化した人間ドラマ。バツイチ子持ちの信は奈苗と再婚。彼女の連れ子にも誠心誠意尽くそうとするが、奈苗の妊娠をきっかけに長女が本当の父に会いたいと言い出し……。「淵に立つ」の浅野忠信、「葛城事件」の田中麗奈、「シェル・コレクター」の寺島しのぶ、監督・脚本家としても活躍する宮藤官九郎らのアンサンブルで、血のつながりを超え家族になろうとし葛藤する不器用な大人たちを描く。「この国の空」の荒井晴彦が脚本を担当、小説発表時から重松清との間で交わされた映画化の約束を20年強の歳月を経て実現。

また「東京ラブストーリー」や「最高の離婚」の脚本を手がけた脚本家の坂元裕二氏も「今の日本のテレビドラマは『東京ラブストーリー』の時代と比べ、確かにアジアで遅れをとっており、韓国ドラマには及ばない」と言い切った。