「娘が幸せな人生を送るためなら、自分の命も惜しくない」と語る楊さんの母親は、血縁者のほうが成功率が高いことを知り、自分の子宮を提供することに決めた。

①勢いよくかきまぜる。②(光を強くするために)灯芯を引き出す。③(強い刺激を与えて)ある気持ちをさかんに起こすようにする。

ネット上の美しい写真がこのほど話題を呼んでいる。これらの写真はそれぞれ三つ子の女の子を持つママ、ルシア・スティコブさんが撮影したものだという。ルシアさんは「3年前に夫からカメラをプレゼントされたが使用したことがなかった。子供の写真を撮影し始めてみると、どうしようもなく夢中になった」と語る。そのほかにルシアさんは撮影の基礎知識を同じく三つ子を持つ親と双子のママから学んだ。勉強の成果は今のこれらの美しい写真に表れている。

そこには、子ども側に立った視点が不足している。親が離婚しようと再婚しようと、子どもにとってはふたりとも親であることに変わりはないからだ。

儿子的病花了很多钱也没治好,他说想去爬长城。母亲毫不犹豫地背起他就来了。普通人爬长城都要累瘫,她却笑着说:“只有孩子开心,我就能坚持。”

連休で万里の長城へ行った少し特殊な母親がいた。彼女はランバートイートン症候群の息子を背負っていた。

湖南省衡陽市石鼓区都司街小学校では、母の日特別イベント「お母さんこんなに大きくなったよ」を行い、同校の4年生の生徒238人とその母親たちは共に思い出に残る素晴らしい1日を過ごした。

親子の面会交流を実現する全国ネットワーク「親子ネット」の会員が参加するSNSグループは、共同親権を待ち望む親たちの喜びの声で沸き立った。

眼看就要迎来五月的第二个周日,母亲节。每一位子女不可忘记的这个日子,通过网络给自己的母亲带去一声问候,一声关怀。

でもベルは何なにも言いわないので、かわいそうに思おもったお父とうさんが何なん度ども聞きくと、「・・・バラの花はなが、一本いっぽんほしいわ」と、答こたえました。

「外国に留学してからというもの最も恐れているのが、実家から留学先へ戻る空港。留学のため初めてオーストラリアへ渡った時のことは今でもはっきりと覚えている。母と出国検査口で別れる時、それまでわざと余裕を装っていた二人だったか、抑えきれず涙が溢れた」と母との思い出を振り返った。

②後に来る打ち消しの言葉の意味を強めて、なんとしても無理だ、できない、どうやってみてもだめだという意味を表す。

安康市出身の楊華さん(仮名、22)は2013年、生理が全くないため西京病院の産婦人科を受診。同年代の女性よりもおそいだけと考えていたものの、超音波検査の結果「先天性子宮・膣欠損症」と診断された。

前項のはずだが、しかし、後項になっている。前項に対する一般的なイメージと後項の現実が違うので、それについて説明を付け加える時に使われる。連続詞的な用法もある。

例文:そんなすばらしいところから、何としても子供を連れて行って見せてやりたいと思う。

こんがり黄金色に揚げ焼いたゆで卵2個がプレートに並び、左側にはパンがあしらわれ、「100点満点」のデザインが出来上がった。王婧さん(38)は、小学2年生になる娘・熊ちゃんの前に、この素敵な朝食を並べた。娘が期末試験を受けるこの日、「娘が良い気分で試験に臨めるように」と、娘を想う母の心境を王さんは語った。

高地さんの夫は3年前、当時10歳の長女を連れて強引に別居。今年3月、長女の親権を夫(父親)とする離婚訴訟の判決が下された。判決に納得できない高地さんは、現在控訴中である。

子供の価値観の樹立は、母親から大きな影響を受ける。例えば他人の経済面を羨んでばかりいる母親の場合、物的快楽を重視する子供が育ちやすいし、子供に「必ず出世しなさい」と普段から言い聞かせている母親の場合、権力欲の強い子供が育ちやすい可能性がある。

或许在别人眼中,这一幕有点荒诞,“你女儿手术成不成功,跟你祈祷没半毛钱关系”,但这却是一位善良的母亲,能想到最好的爱你方式。

「夫婦でもめていた当時、相談していた弁護士さんには『このままお嬢さんを連れて逃げてください』と言われたんです。でも、私は娘と夫の仲を裂くようなこと、したくなかった。そうしたら2015年6月、私からしてみたら突然、彼が娘を連れて出ていってしまったのです。親権をめぐる司法の判断は『現状維持』を重んじる傾向があるため、連れ去った者勝ちだとよく言われますが、本当にそうだと思いました」

一方で、子どもの親権や面会交流など、子どもをめぐる家事事件は増加している。最近は、父親側が子の親権・監護権(監督し保護する権利・義務)や面会交流を強く求めるケースが増えた。男性の子育てへの参加意識が高まってきたことによる流れだ。

ロシア・モスクワ出身の留学生龐偉は中国で中国医学を学んでいる。龐さんは、中国に来る前は、中国医学についてほとんど知識がなかった。「私の母は、6年前に大病を患い、手術をしなければならなくなった。そのときに、母は友人の紹介で北京に赴き中医治療を受け、漢方薬を服用した。すると、病状は明らかに好転した。ロシアに帰国後、検査を受け、もはや手術は不要であることが明らかになった」と龐さん。母親の病状が良くなったことに大いに触発された彼に、中国に行って中国医学を学びたいという気持ちが芽生えた。

1966年、東京都生まれ。大学卒業後、会社員を経てライターとして活動。教育・保育・女性のライフスタイルなど、幅広いテーマでインタビューやルポを手がける。

「娘は離婚したことを理解しており、『お母さんとお父さん、仲良しじゃないよね』などと言いますが、さっぱりしたこの関係に大きなストレスはないようです。先のことは分かりませんが、父母として協力し合って暮らすこのやり方は、いまの私たちには合っていると思います」

埼玉県草加市在住の安藤一浩さん(44)は、4歳11カ月の長女を育てるシングルファーザーだ。長女の母親である元妻は、当時生後2カ月の長女の親権を安藤さんに渡して家を出ていった。

妈妈就没有起码的,脸面和自尊吗?只是比起这些,她有更想守护的珍贵东西,那个人,便是你。

「そう考えると、子どもが父母のどちらかから切り離されやすい『単独親権制』には、大きな欠陥があることに気づくはずです」

5-1 5-2 5-3 5-4 5-5 5-6  5-7  5-8  5-9 5-10

神様は万能ではないから、母親を作った。母こそが、命をかけて君を守る人、君のために、世界のはてまで行く。

上海出身の易解放さん(67)は十数年前、率先して内蒙古(内モンゴル)の砂漠に200万本以上の木を植えてきた。

乳飲み子を託された安藤さんは、子育てがしやすいように、当時住んでいた静岡県から埼玉県の実家に引っ越した。同時に、勤めていた会社は退職し、定時に帰れる職に就いた。粉ミルクで育て、抱っこひもで連れ歩いた長女は2020年に小学生になる。

この単独親権という制度が残されたことが、親側のさまざまな問題につながっているという見方もある。